CASCADIA ECOHOMES LTD.

住所: 7140 Kimberley Dr., Richmond, BC, V7A 4S4
電話: 604-241-1337  Cell: 604-312-4941

E-mail: matthew@cascadiaecohomes.com  URL: www.cascadiaecohomes.com

企業紹介

会社設立のきっかけ
Cascadia Ecohomes Ltd. イメージ14年間経営していた語学学校を従業員が引き継いでくれることになり、次は何をやろうかと考えたとき急に情報収集のアンテナが全開しました。バンクーバーは北米でも特にエコ意識の高いCascades Region (アメリカ西海岸の州とBC州)に位置しており、ちょうど期を一にしてVancouver Greenest City 2020という大胆な目標を設定した時期でした。

ところがこちらの生活を見渡してみるとエネルギーや水を節約するような制度はあまり整っておらず、あまりにも無駄使いが多いことに気づきました。

もともと人や地球に大きな影響を与えられる仕事がしたいと思っており、エネルギーをめぐる世界的な問題に「自分が何かしなくては!」と思ったのがきっかけです。また移民したカナダに対しての恩返しをしたかったというのもきっかけの一つです。

Cascadia Ecohomes Ltd. ロゴ業務内容
寒冷地であるカナダの家庭やオフィスでは、そのエネルギー消費の大部分を暖房が占めています。そのため建物自体の断熱や気密性は優れたものがあり、日本も見習う部分が多くあります。

一方自然の豊かさやエネルギー価格の安さから、エネルギーを節約するための施策が乏しく人々の意識もそれほど高くありません。カナダにすでにある建物自体の高い技術と日本にある特許技術など周辺の省エネ技術を融合して、最も快適で健康的な省エネ建築物を造ることを目指しています。

断熱&気密性具体的には既存建物であれば古い窓を取り替えることなく日本のナノ・コーティング技術を使って断熱効果を高めたり、新築であれば高効率のボイラーやヒートポンプを使って、日本の特許である放射暖房システムを導入するなどです。前述のナノ・コーティング技術はバンクーバー市内の小学校にも採用されています。

カナダでビジネスをするということ
まずビジネス習慣が全然違います。カナダ人は欲がないというか、現状維持できればいいという感覚が多いことに驚きました。日本では工期や納期が遅れることは大問題ですがこちらではしょっちゅうです。また、売る側買う側の立場が日本に比べ対等だと感じますが、それはよいことだと思います。

成功の秘訣、モットー
まだ成功していませんが「誠心誠意・何があっても逃げない」をモットーに頑張っていきたいと思っています。


この仕事を始めたきっかけでもある「世界一のグリーン・シティー」実現に寄与できればと思っています。そのためにいろんな人とのネットワークを広げて、同じ志を持つ仲間と協力して、健康で快適な世界一省エネの建物を造ることが夢です。

今後の展望
背伸びをしていると思われるかもしれませんが、夢を実現できるように大きく考えるようにしています。ビジネスの成功も大事ですが、教育を通して省エネを推進できる環境作りも大事だと感じています。自分たちの未来の世代を守るために、自ら判断ができるような人を育てることも今後の展望として持っています。

企友会への期待
各団体とより深い協力関係を築いて日系ビジネスを盛り上げてもらいたいですね。企友会がその中心になれるのではないかと期待しています。

会員企業紹介ページへもどる >>

Page Top